承認詳細設定画面

承認詳細設定画面では、承認に関する詳細情報を設定します。
必要な項目を設定して[確定する]ボタンをクリックすると承認が完了し、承認完了画面に遷移します。

設定項目には、必須設定項目(○)と任意設定項目(‐)があります。

項目名 必須
コメント
添付ファイル
メール送信設定
添付・コメント公開設定
採番

項目の説明

項目 説明
[入力画面に戻る]リンク 承認フォームの入力画面に戻ります。
[添付ファイル・コメント参照]ボタン 申請案件の添付・コメント確認画面が、別ウィンドウで表示されます。
これまでに他のユーザーが入力したコメント・添付したファイルを参照できます。
[プレビュー]ボタン

承認フォームのPDFプレビュー画面が、別ウィンドウで表示されます。

プレビュー画面では、データを修正できません。
[ルートの確認]ボタン

ルートの確認画面に遷移します。
承認者のルート変更が許可されている場合のみ、申請案件の承認ルートを変更できます。
詳細については、ルートの確認画面 をご覧ください。

承認ルートの 未定義承認者の設定 を行う場合にも使用します。
申請件名 申請者が申請時に設定した名称が表示されます。 重要度が高い場合には、申請件名の前に重要アイコンが表示されます。
コメント

承認者に伝える情報、特記事項等を入力します。

文字種別 半角・全角
最大文字数 400文字
添付ファイル

承認内容の補足情報として、ファイルを最大10個まで添付できます。
[ファイルを選択]ボタンをクリックし、添付するファイルを選択、もしくは添付するファイルをダイアログ内にドラッグ&ドロップします。
アップロードが完了したファイルは、[ファイルを選択]ボタンの下に情報が表示されます。
添付ファイルを削除するときは、[削除]リンクをクリックしてください。

添付ファイルダイアログ内の[添付ファイルについて]リンクをクリックすると、添付できるファイルのサイズや種類が確認できます。

メール送信設定

承認者に対してメールを送信するかどうかを選択します。
システム管理者がメール送信設定を有効にしている場合に使用できます。
メール送信設定には以下の種類があります。

設定項目 内容
次の承認者 承認依頼が届く承認者にメールを送信します。初期状態ではこのオプションが選択されています。
以降の承認者全員 以降の全承認者にメールを送信します。
送信しない メールを送信しません。
送信先を指定する メールを送信する承認者を選択できます。
承認者一覧リストから公開する承認者を選択します。

メールに承認ドキュメントを添付する場合は、「メールに承認ドキュメントを添付する」チェックボックスにチェックを入れます。

  • メール通知は、システム管理者が有効にしている場合のみ使用できます。
  • メール送信先および「メールに承認ドキュメントを添付する」チェックボックスの設定は、システム管理者が許可している場合のみ有効となります。
  • システム管理者の設定によっては、「メールに承認ドキュメントを添付する」チェックボックスの選択時も承認ドキュメントが添付されない場合があります。
  • 閲覧者が存在する場合、決裁者のメール送信設定に決裁通知の設定が表示されます。申請者への決裁通知の送信を選択します。
添付・コメント公開設定

承認の処理をする際に、承認者に対して添付ファイルとコメントを公開するかどうかを選択します。
公開の設定には、以下の種類があります。

設定項目 内容
ルートの全員に公開 添付ファイルとコメントを全承認者に公開します。
初期状態ではこのオプションが選択されています
公開しない 添付ファイルとコメントを公開しません。
公開先を指定する 添付ファイルとコメントを指定した承認者に公開します。
承認者一覧リストから公開する承認者を選択します。
添付・コメント公開先の設定は、システム管理者が許可している場合のみ有効となります。
採番

申請案件に採番される値を自分で設定したい場合に使用します。 設定の際は、[内容を変更する]チェックボックスにチェックを入れ、採番入力フィールドに値を入力します。
[発行済み採番一覧参照]ボタンをクリックすると、過去に発行された採番の一覧を表示することができます。
採番の一覧では、システム管理者が抜け番号の使用を有効に設定している場合、欠番となった採番を再利用できます。

採番の項目は、システム管理者が採番の直接入力を有効に設定している場合のみ表示されます。
申請フォーム 申請フォーム一覧画面 で選択した[申請フォーム名]が表示されます。
申請権限 申請者が申請時に選択した申請権限が表示されます。
申請者 申請者名が表示されます。
申請日 申請者が申請をした日付(YYYY/MM/DD 形式)が表示されます。
代理承認者オプション 代理・代行操作の情報が表示されます。
承認を行うユーザーが代理承認者の場合は「代理」、代行承認者の場合は「代行」、本来の承認者の場合は「通常」が表示されます。
[確定する]ボタン 承認を確定します。
[中止する]ボタン 承認を中止します。
入力した情報を破棄し、ウィンドウを閉じます。

未定義承認者の設定

承認詳細設定画面の左上に「ルートの確認画面から未定義承認者を設定してください。」と表示されることがあります。
これは、承認ルート上に未定義承認者が存在する場合に表示されるものです。

注釈

未定義決裁者、未定義閲覧者の場合は表示するメッセージが異なります。

次の承認者が未定義承認者の場合、承認者はルートの確認画面で未定義承認者を設定するまで[確定する]ボタンをクリックできません。
[ルートの確認]ボタンでルートの確認画面を表示し、未定義承認者を設定してください。
操作方法は、ルートの確認画面の 未定義承認者を設定する をご覧ください。

注釈

【未定義の種類について】
 未定義承認者以外にも、未定義決裁者、未定義閲覧者の2つがあります。ルート確認図では、以下のアイコンで表示されます。
  approver_undefine :未定義承認者 last_approver_undefine :未定義決裁者 reader_undefine :未定義閲覧者