アクアPay利用規約

第1章 定義、総則

  • 第1条(総則)

    本規約は、アクアコインサービスの一部として提供される、君津信用組合(以下「当組合」といいます。)が発行する本規約第2条第9号に定めるアクアPayの利用に関するサービスである「アクアPayサービス」(以下「本サービス」といいます。)につき、その利用にあたって適用される利用条件について定めるものです。本サービスを利用する場合、本規約の内容を十分に理解し、本規約にご同意いただいたうえで、第2条第10号に定めるアクアPayアカウントを開設し、本サービスをご利用いただくものとします。

  • 第2条(定義)

    本規約において使用する用語の定義は、以下のとおりとします。なお、本規約内で別途定義される場合があります。

    • (1) 「加盟店」とは、アクアPayによる決済を受け入れる、当組合との間で当組合所定の加盟店契約を締結している者をいいます。

    • (2) 「加盟店店舗」とは、加盟店が運営する店舗であって、加盟店が当組合に届け出て当組合の承認を得たものをいいます。

    • (3) 「アクアコインアカウント」とは、当組合所定の手続を経て開設される、アクアコインサービスにおいて利用者に割り当てられた固有のアカウントをいいます。

    • (4) 「アクアコインサービス」とは、アクアPayサービス及びアクアBankサービスを総称していいます。

    • (5) 「アクアBank」とは、当組合が発行する、アクアBankアカウント保有者のアクアBankアカウントにおいて保有され、アクアBankアカウント保有者が加盟店での商品やサービス等の代金等の決済及び他のアクアBankアカウント保有者に対する送金のために使用することができ、かつ、アクアBankアカウントからの金銭の払戻を受けることが可能な電子マネーをいいます。

    • (6)「アクアBankアカウント」とは、当組合所定の手続(犯罪による収益の移転防止に関する法律に定める取引時確認の手続を含みますが、これに限りません。)を経て開設され、アクアBankを保有することができるアカウントをいい、アクアコインアカウントの一部を構成するものをいいます。

    • (7) 「アクアBankアカウント保有者」とは、アクアBankアカウントを保有する利用者をいいます。

    • (8) 「アクアBankサービス」とは、当組合が提供する、アクアBankによる対象商品等の代金決済等に係るサービス及び本サービスをいいます。

    • (9) 「アクアPay」とは、当組合が発行する、アクアPayアカウント保有者のアクアPayアカウントにおいて保有され、アクアPayアカウント保有者が加盟店で商品やサービス等の代金等の決済のために使用することができる電子マネーをいいます。なお、アクアPayの1コインは1円に相当します。

    • (10)「アクアPayアカウント」とは、当組合所定の手続を経て開設される、アクアPayサービスにおいてアクアPay保有者に割り当てられた固有のアカウントをいい、アクアコインアカウントの一部を構成するものをいいます。

    • (11)「アクアPayアカウント保有者」とは、アクアPayアカウントを保有する利用者をいいます。

    • (12)「アクアPayサービス」とは、当組合が提供する、アクアPayによる対象商品等の代金決済等に係るサービス及び本サービスをいいます。

    • (13)「アクアポイント」とは、当組合が指定するサービスにかかる景品若しくは特典として、又は本サービスにかかる対象商品等の代金決済その他当組合若しくは加盟店が別途定める特定の行為(以下「ポイント付与対象行為」といいます。)に対する景品若しくは特典として、当組合がアクアPayアカウント保有者又はアクアBankアカウント保有者に付与するポイントをいいます。なお、地方公共団体等が定める特定の行為に対して付与するポイント(以下「行政ポイント等」といいます。)もこれに含みます。

    • (14)「対象商品等」とは、加盟店店舗において販売される商品及び提供されるサービス等のうち、アクアPayによる決済が認められたものをいいます。

第2章 アクアPayの利用について

  • 第3条(アクアPayアカウント)

    1. アクアコインサービスは、日本の通信キャリア又はWi-Fiが利用できる端末向けサービスです。これ以外の端末でのご利用は原則としてできません。なお、アクアコインサービスをご利用できない機種端末もあります。

    2. アクアコインサービスにおいて、アクアPayアカウント保有者が登録する情報は、すべて真正かつ正確な情報でなくてはなりません。また、登録された情報に変更があった場合、アクアPayアカウント保有者は、第27条に従い、速やかにこれを変更後の内容に修正しなければなりません。

    3. アクアコインサービスに関する一切の権利は、アクアPayアカウント保有者に一身専属的に帰属します。アクアPayアカウント保有者は、これらの権利を第三者に譲渡、貸与又は相続させることはできません。

  • 第4条(アクアPayアカウントの開設等)

    1. 本サービスを利用しようとする者は、当組合所定の方法によりアクアPayアカウントを開設し、アクアPayアカウント保有者となる必要があります。なお、一人が同時に複数のアクアPayアカウント及びアクアBankアカウントを保有することはできないものとします。

    2. 当組合は、前項のアクアPayアカウントの開設を承認する場合、当該申請者をアクアPayアカウント保有者と認め、当組合所定の方法により、本サービスを提供するための当組合システム(第17条に定義します。)にアクアPayアカウントを開設します。

    3. 当組合は、当組合の裁量により、アクアPayアカウントの開設を承認しないことができます。この場合、アクアPayアカウントの開設の承認申請を行った者に対し不承認の理由の説明その他何らの義務及び責任を負いません。

    4. 第2項に基づきアクアPayアカウント保有者となった者は、アクアPayアカウントの開設の際に入力したメールアドレスやパスワード等を厳格に管理し、第三者その他のアカウントにアクセスする正当な権限を有さない者にこれを利用させてはならず、かつ、その盗用その他の不正使用を防止する措置を自らの責任において行うものとします。

    5. 未成年者がアクアPayアカウントを開設するためには、アクアPayアカウントを開設すること及び本規約に従って本サービスを利用し、アクアPayの購入その他一切の処分行為を行うことについて、事前に親権者の包括的な同意を得るものとします。当該未成年者は、当組合から親権者に対し、同意の確認の連絡をする場合があることにあらかじめ同意するものとします。

    6. 当組合が受信したパスワードにつき当組合所定の照合を行い、正しいものと確認して取り扱った場合、当該確認後ログアウトまでの一連の通信は全てアクアPayアカウント保有者として正当な権限を有する者により行われたものとみなし、当組合は、不正使用その他の事故等により生じた損害について一切責任を負わないものとします。また、アカウント情報が不正利用されたことにより当組合に損害が生じた場合、当該アカウントを保有するアクアPayアカウント保有者は当該損害を賠償するものとします。

  • 第5条(アクアPayの購入)

    1. アクアPayアカウント保有者は、当組合所定の方法により、アクアPayを購入することができます。アクアPayの購入金額の下限は1000円とし、最低購入単位は1000円とします。当組合は、アクアPayアカウント保有者がアクアPayの購入手続を完了した時点で、当該アクアPayアカウント保有者に対してアクアPayを発行するものとします。なお、アクアPayには利息はつきません。購入されたアクアPayは、アクアPayアカウントに残高として記録される形で、発行されます。

    2. アクアPayアカウントのアクアPay残高の上限は10万円です。アクアPay残高の上限を超えることとなる取引及びアクアPayの保有はできません。

    3. アクアPayアカウント保有者は、購入手続の完了後、アクアPayの購入を取り消すことはできません。

  • 第6条(アクアPayによる決済)

    1. アクアPayアカウント保有者は、アクアPayを、1コインを1円相当額として加盟店における対象商品等の代金等の決済、その他当組合が適当と認める加盟店による売買取引以外の決済(以下「購入外決済」といい、購入外決済により決済される取引を「購入外取引」といいます。)に利用できるものとします。

    2. 加盟店における対象商品等の代金等の決済に際して使用できるアクアPayは、1回あたり10万円を上限とします。

    3. アクアPayアカウント保有者は、対象商品等の代金等の決済をするときにアクアPayでの決済を希望する場合、当組合所定の方法でアクアPayによる決済を指定するものとします。①アクアPayアカウント保有者は、自己の端末上における決済操作に先立ち、自己の端末上に決済先及び金額の確認画面を表示させた上、加盟店に対して提示するものとします。また、②アクアPayアカウント保有者は、決済完了時に自己の端末上に表示される決済完了画面を加盟店に対して提示するものとします。ただし、当組合が利用者との間で非対面取引を行うことを認めた加盟店と非対面にて決済を行う場合、利用者は、上記①及び②の手続きに代えて、自己の端末上における決済操作に先立ち、自己の端末上に決済先及び金額の確認画面を十分に確認するものとします。

    4. 前項の規定にしたがって決済操作のなされた対象商品等の代金の金額が、決済を行うアクアPayアカウント保有者のアクアPayアカウントに記録されたアクアPayの残高の範囲内である場合、当組合は、当該残高から対象商品等の代金等に相当する額のアクアPayを減算します。当該減算がなされ、かつ当該減算相当額が加盟店に計上された時点で、アクアPayアカウント保有者は、加盟店に対する対象商品等の代金等の支払義務を免れるものとします。

    5. 前項の定めにかかわらず、前項に基づきアクアPayによる支払が指定された場合において、対象商品等の代金等に相当する額がアクアPayの残高を超過するとき(以下その差額を「超過金額」といいます。)、アクアPayアカウント保有者は、超過金額を現金その他の方法で加盟店に対して決済するものとします。

    6. 当組合は、アクアPayアカウント保有者と加盟店との間の対象商品等又はその他一切の取引(利用者と加盟店との間で非対面取引が行われる際に、利用者から加盟店にアクアコインアカウント番号その他の情報を提供することを含みます。)について、当事者、代理人、仲介人等にはならず、その成立、有効性、履行等に関し、いかなる法的責任も負わないものとします。アクアPayを利用した取引に債務不履行、返品、瑕疵その他の事由に基づく問題が生じた場合であっても、当組合はアクアPayの返還を行う義務を負わず、アクアPayアカウント保有者と加盟店との間で解決するものとします。

    7. 前項の定めにかかわらず、アクアPayアカウント保有者と加盟店との間の対象商品等の取引又は購入外取引が当組合所定の方法によって取消又は解除された場合、当組合は、当組合の裁量により、当該アクアPayアカウント保有者のアクアPayアカウントに、第4項又は第5項に基づき差し引いたアクアPayを返還することがあります。

  • 第7条(アクアPayの譲渡禁止)

    1. アクアPayは、第三者(他のアクアPayアカウント保有者及びアクアBankアカウント保有者を含みますが、これらに限りません。)に対して、有償無償を問わず、譲渡することはできません。

    2. アクアPayアカウント保有者が第三者に対してアクアPayを譲渡したい場合には、本規約第15条に定めるアクアBankアカウントへの移行を行ったうえで、アクアBankの譲渡を行ってください。

  • 第8条(アクアPayの残高確認方法)

    1. アクアPayアカウント保有者は、本サービス内の残高確認画面(以下「残高確認画面」といいます。)において、アクアPayの残高を確認することができます。

    2. 加盟店においては、当組合システムの不備その他の理由により、アクアPayアカウント保有者が使用したアクアPayが即時にその保有残高から引き落とされない結果、残高確認画面において表示されるアクアPayの残高と当該アクアPayアカウント保有者の実際の保有残高が異なることがあります。

  • 第9条(アクアPayの払戻等)

    1. アクアPayの払戻や換金は、以下の各号に規定する場合を除き、アクアPayアカウント保有者が、当組合所定の方法によりアクアPayアカウントを廃止した場合であってもできません。

      • (1) 資金決済に関する法律により当組合が前払式支払手段の払戻を義務づけられる場合

      • (2) やむを得ない事情により、アクアPayアカウント保有者が、アクアPayを加盟店において第11条第1項に規定する有効期限の範囲内で継続的に利用することが著しく困難になったと当組合が認めた場合

      • (3) 本規約第15条第2項に従いアクアBankアカウントへの移行に伴い払戻を受ける場合

    2. 前項の定めにかかわらず、当組合が経済情勢の変化、法令の改廃その他当組合の都合によりアクアPayの取扱いを全面的に廃止した場合には、法令の手続きに従い、アクアPayの残高の払戻を行うものとします。

    3. 前項第2号に基づいてアクアPayの払戻が行われる場合、アクアPayアカウント保有者は、当該払戻額の10%に500円を加算した金額 及びこれに対する消費税を払戻手数料として当組合所定の方法により支払うものとします。ただし、アクアPayアカウント保有者のアクアPayアカウント残高が払戻手数料及びこれに対する消費税の額の合計額に満たない場合は、前項第2号の払戻を受けることができないものとします。

    4. 第1項及び第2項の規定にかかわらず、加盟店ではアクアPayの払戻を受けることはできません。

  • 第10条(取引制限)

    当組合は、第5条第2項に違反することとなるようなアクアPayを利用した取引について制限、停止及び取消をすることができるものとします。

  • 第11条(アクアPayの有効期限、アクアPayアカウントの閉鎖)

    1. アクアPayの有効期限は、アクアPayアカウント保有者の残高確認画面上において最後に残高の加算又は減算が記録された日から1年後の応当日の属する月の末日(以下「有効期限日」といいます。)とし、有効期限日の翌日の0時をもって失効するものとします。有効期限を過ぎた未使用のアクアPayは消滅するものとし、その後の利用又は払戻を受けることはできないものとします。

    2. アクアPayアカウント保有者は、当組合所定の方法により自らのアクアPayアカウント及びアクアコインアカウントを閉鎖することができます。また、当組合は、特定のアクアPayアカウント保有者が第13条に列挙する事由に該当する場合又はアクアPayアカウント保有者の残高確認画面上において最後に残高の加算又は減算が記録された日から5年間の間に当該アカウントにおける残高の加算又は減算が記録されない場合、当該アクアPayアカウント保有者のアクアPayアカウント及びアクアコインアカウントを閉鎖することができます。閉鎖されるアクアPayアカウントにアクアPayが残っている場合、当該残高に係るアクアPayは、アクアPayアカウントの閉鎖と同時に失効するものとします。ただし、取引の決済や商品の郵送等取引の手続が未完のものがある場合は閉鎖することができません。

    3. 当組合は、第9条第1項に定める場合を除き、失効したアクアPayに相当する金額の返金を行わないものとします。

    4. 当組合は、前項の措置により生ずるアクアPayアカウント保有者の損害について、一切の責任を負わないものとします。

  • 第12条(アクアPayアカウント保有者としての遵守事項)

    1. アクアPayアカウント保有者は、以下の各号に該当する行為又はそのおそれのある行為を行ってはならないものとします。

      • (1) 法令又は本規約及び本規約に付随して制定される特約、ガイドライン、マニュアル等(以下総称して「本規約等」という。)に違反する行為

      • (2) 公序良俗に反する行為

      • (3) 現金の送金を目的として本サービスを利用する行為その他当組合がショッピング枠の現金化を目的とすると判断する行為

      • (4) 当組合又は第三者の財産権(知的財産権を含みます。)、肖像権、名誉、プライバシーその他の権利を侵害する行為

      • (5) アクアPayアカウント保有者による本サービスの利用に関連して、アクアPayアカウント保有者自らが又は当組合が法令上に基づく監督官庁等への届出、許認可等を要する行為

      • (6) 当組合又は当組合の提供する商品若しくはサービスの社会的評価を低下させる行為

      • (7) 本サービスの正常な提供又は運営を妨げる行為

      • (8) 不正アクセス、有害なコンピュータプログラム等の送信、その他当組合システムの正常な運用を妨げる行為

      • (9) 他の人物又は企業その他の団体を名乗る行為

      • (10) 他人のアクアコインアカウントを利用して本サービスを利用する行為

      • (11) 商業用の広告、宣伝を目的とした行為

      • (12) 当組合ウェブサイトにおいて、当組合又は本サービスの信用を害するようなウェブサイトその他当組合がその裁量により不適切と判断するウェブサイトへのリンクを貼る行為

      • (13) 選挙運動に関するあらゆる行為

      • (14) マネーローンダリング目的でアクアPayアカウントを保有し、又はアクアPayアカウントをマネーローンダリングに利用する行為その他のマネーローンダリングに関するあらゆる行為

      • (15) 反社会的勢力に対する利益供与その他の協力行為

      • (16) 宗教活動又は宗教団体への勧誘行為

      • (17) 他人の個人情報、登録情報、利用履歴情報などを、不正に収集、開示又は提供する行為

      • (18) 当組合システムに支障を与える行為、BOT、チートツール、その他の技術的手段を利用してサービスを不正に操作する行為、当組合のシステムの不具合を意図的に利用する行為、その他当組合による電子マネー事業の運営又は他のアクアPayアカウント保有者によるこれらの利用を妨害し、これらに支障を与える行為

      • (19) 本サービスを提供する目的から逸脱した行為

      • (20) 本サービスの利用を行わないよう誘因する行為

      • (21) 前各号に定める他、当組合がその裁量により不適当であるとみなす行為、また本サービスの運営方針に外れるとみなす行為

    2. アクアPayアカウント保有者は、アクアPay又はアクアPayアカウントに関し、以下に記載することを行ってはなりません。

      • (1) 預金目的でアクアPayアカウント又はアクアPayを保有又は利用(譲渡及び譲受を含みます。以下本条において同じです。)する行為

      • (2) 不正な方法によりアクアPayを取得し、又は不正な方法で取得されたアクアPayであることを知って利用する行為

      • (3) アクアPayアカウント又はアクアPayを偽造若しくは変造し、又は偽造若しくは変造されたアクアPayであることを知って利用する行為

      • (4) アクアPayを当組合所定の方法以外の方法で、現金、財物その他の経済上の利益と交換する行為

      • (5) アクアPayの譲渡を受ける行為

      • (6) 上記のいずれかに該当する行為を援助又は助長する行為

第3章 雑則

  • 第13条(本サービスの利用停止及び本サービス利用資格の取消)

    1. 当組合は、アクアPayアカウント保有者が以下のいずれかの事由に該当した場合には、何らの催告なしにアクアPayアカウント保有者による本サービスの全部又は一部の利用を停止することができ、又はアクアPayアカウント保有者のアクアPayアカウントを削除しアクアコインサービスを利用する資格を取り消すことができるものとします。この場合、当組合は、その理由を説明する義務を負わないものとします。

      • (1) 法令又は本規約に違反したとき

      • (2) アクアPayアカウント保有者が登録した情報が虚偽の情報であるとき

      • (3) アクアPayアカウント保有者の登録した情報が既存の登録と重複しているとき

      • (4) パスワードの入力に関して当組合が判断する一定回数以上の入力ミスがあったとき

      • (5) 当組合所定の一定期間内に一定回数以上のログインがなかったとき

      • (6) 支払停止若しくは支払不能の状態に陥ったとき

      • (7) 差押、仮差押その他の強制執行、強制競売又は滞納処分の申立てを受けたとき

      • (8) 破産又は民事再生の申立てがあったとき

      • (9) 決済事業者又は収納代行業者から、アクアPayアカウント保有者による本サービスの利用停止をさせるよう要請があった場合又はアクアPayアカウント保有者に対する決済サービスの提供停止措置がとられたとき

      • (10) 本規約に基づく当組合からアクアPayアカウント保有者への本人確認の求めに対して、当該アクアPayアカウント保有者が当組合の指定した期限又は合理的な期間が経過するまでに応じなかったとき

      • (11) 前各号の他、アクアPayアカウント保有者との取引継続を困難とする相当の事由が生じたとき

    2. アクアPayアカウント保有者が前項各号(第4号及び第5号を除きます。)の事由のいずれかに該当した場合には、アクアPayアカウント保有者は、当組合に対する一切の債務につき当然に期限の利益を失うものとします。

    3. 当組合は、アクアPayアカウント保有者につき第1項各号に定める事由が生じた可能性があると認めた場合、違法行為への関与が疑われる場合その他当組合が必要と認める場合には、当該アクアPayアカウント保有者が関与する取引の停止又は解除その他の措置をとることができるものとします。

    4. 本条に定める措置は、当組合のアクアPayアカウント保有者に対する損害賠償の請求を妨げないものとします。

    5. 当組合は、本条に定める措置によりアクアPayアカウント保有者に生じた損害につき一切責任を負わず、利息その他名目を問わず追加の金銭を支払わないものとします。

  • 第14条(反社会的勢力に関する表明等)

    1. アクアPayアカウント保有者は、アクアPayアカウント保有者又はアクアPayアカウント保有者の役員が現在、次の各号に規定する者(以下「反社会的勢力」といいます。)に該当しないことを表明し、かつ、将来にわたっても反社会的勢力に該当しないことを確約します。

      • (1) 暴力団(暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号。以下「暴対法」といいます。)第2条第2号に規定する暴力団といいます。)

      • (2) 暴力団員(暴対法第2条第6号に規定する暴力団員といいます。)

      • (3) 暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者

      • (4) 暴力団準構成員

      • (5) 暴力団関係企業

      • (6) 総会屋等、社会運動等標ぼうゴロ、政治活動標ぼうゴロ、又は特殊知能暴力集団

      • (7) 前各号に定める者と密接な関わり(前各号に定める者がその経営を支配し又は経営に実質的に関与していると認められる関係、不当に前各号に定める者を利用していると認められる関係、資金その他の便益提供行為をしているとの認められる関係、その役員又は経営に実質的に関与している者が暴力団等と社会的に非難されるべき関係を含みますが、これらに限りません。)を有する者

      • (8) その他前各号に準じる者

    2. アクアPayアカウント保有者は、自ら又はその関係者が、直接的又は間接的に、次の各号に該当する行為を行わないことを確約します。

      • (1) 暴力的な要求行為

      • (2) 法的な責任を超えた不当な要求行為

      • (3) 取引に関して、脅迫的な言動(自己又はその関係者が前項に定める者である旨を伝えることを含みますが、これに限りません。)をし、又は暴力を用いる行為

      • (4) 風説を流布し、偽計を用い又は威力を用いて当組合の信用を毀損し、又は当組合の業務を妨害する行為

      • (5) その他前各号に準じる行為

    3. 当組合は、アクアPayアカウント保有者が第1項の表明保証に関して虚偽の申告をなし、又は前各項の確約に違反したと判断した場合は、アクアPayアカウント保有者に何らの催告なく当組合のサービス利用を停止し、本サービスを利用する資格を取り消すことができるものとします。

    4. 前条第2項及び第3項の規定は、前項の措置にも準用するものとします。

  • 第15条(アクアBankアカウントへの移行)

    1. アクアPayアカウント保有者は、希望する場合には、当組合所定の手続(犯罪による収益の移転防止に関する法律に定める取引時確認の手続その他のアクアBank利用規約に規定される手続きを含みます。)を経て、アクアコインサービスにアクアBankアカウントを開設できるものとします。ただし、法令により当組合による次項の規定に基づくアクアPayの払戻ができない場合はこの限りではありません。

    2. アクアPayアカウント保有者は、アクアPayアカウントを保有したままアクアBankアカウントを開設又は保有することはできません。アクアBankアカウントが開設された場合には、アクアPayアカウントは自動的に消滅し、アクアPayアカウント保有者は自動的にアクアBankアカウント保有者となります。この場合、当組合は、法令により許容される範囲内で、アクアPayアカウント保有者がアクアPayアカウントで保有していたアクアPayの全額の払戻を受けると同時に、同額のアクアBankを取得しその対価の支払いとして当組合に当該金額を入金したものとみなし、新しく開設されたアクアBankアカウントに同額のアクアBankを記録します。

    3. 前項の規定にしたがって開設されたアクアBankアカウントは、日常生活上の送金及び決済を行う目的でのみ使用することができるものとし、他のアクアBankアカウント保有者からのアクアBankの譲受けに使用することはできないものとします。

  • 第16条(アクアポイント)

    1. アクアPayアカウント保有者は、第5条第1項に規定するアクアPayの購入、第5条第1項に基づきアクアPayを購入する場合に、アクアポイントが付与されることがあります。また、第6条第1項に基づき加盟店における対象商品等の代金等の決済にアクアPayを利用する場合に、アクアポイントが加盟店から付与されること並びに地方公共団体等が定める特定の行為をすることで行政ポイント等が付与されることがあります。

    2. 前項に定めるほか、当組合は、随時当組合が定める時期及び方法により、アクアPayアカウント保有者に対してアクアポイントを付与することがあります。

    3. アクアPayアカウント保有者は、前二項に基づき付与されたアクアポイントにつき、本サービスにおいて1ポイントを1円相当額として対象商品等の代金等の決済に利用できるものとします。ただし、当組合が別途本サービスにおいてアクアポイントの利用条件を定めた場合には、当該定めに従うものとします。

    4. アクアPayアカウント保有者は、アクアポイントを、本サービスにおける対象商品等の代金等の決済以外の、現金、財物、アクアPayその他の経済的利益と交換することはできません。また、当組合は、法令上必要な場合を除き、理由の如何を問わず、アクアポイントの払戻を一切行いません。

    5. アクアPayアカウント保有者は、アクアポイントを獲得した日から1年後の応当日の属する月の末日を有効期限として、当該有効期限まで、アクアポイントを利用することができます。有効期間を過ぎた未使用のアクアポイントは有効期限日の翌日の0時をもって消滅するものとし、その後利用することはできないものとします。また、アクアポイントの有効期限の起算点は、当該アクアポイントを当初取得した日とします。

    6. 当組合がアクアPayアカウント保有者にアクアポイントを付与した後に、アクアポイントの付与を取り消すことが適当であると当組合が判断する事由があった場合、当組合は、アクアPayアカウント保有者に付与されたアクアポイントを取り消すことができるものとします。

    7. 理由の如何を問わず、アクアPayアカウント保有者について、アクアPayアカウントが閉鎖された場合又は本サービスを利用する資格を喪失した場合には、当該アクアPayアカウント保有者が保有するアクアポイントは全て失効し、以降利用し又は払戻を受けることはできないものとします。

    8. アクアPayアカウント保有者が前条の規定に従ってアクアBankアカウントを開設した場合、アクアPayアカウントに記録されていたアクアポイントと同額かつ同内容のアクアポイントを、新しく開設されたアクアBankアカウントに記録するものとします。

  • 第17条(当組合システム)

    当組合は、本サービスを提供するための当組合のシステム(以下「当組合システム」といいます。)を構成するハードウェア、ソフトウェア及びデータベース、並びに当組合システムにより表示されるWebサイト及びアプリケーション画面その他の画面等について、当組合の裁量により自由にその仕様を変更することができるものとします。

  • 第18条(本サービスの一時停止)

    1. 当組合は、本サービスの運営又は当組合システムの保守運用上の必要が生じた場合、システムに負荷が集中した場合、サービスの運営に支障が生じると当組合が判断した場合、アクアPayアカウント保有者のセキュリティを確保する必要があると判断した場合その他当組合の裁量により必要であると判断した場合には、アクアPayアカウント保有者に事前に通知することなく、本サービスの全部又は一部の提供を一定期間停止することができるものとします。

    2. 天災地変、戦争、内乱、法令(日本及び日本以外の国又は地域の制定するものを含みます。以下同じ。)の改廃・制定、公権力の処分、経済情勢の著しい変動その他不可抗力により、本サービスの履行不能又は遅延が生じたときであっても、当組合は一切責任を負わないものとします。

    3. 第1項の場合も、当組合は、アクアPayアカウント保有者に対し、損害賠償等の責めを負わないものとします。

  • 第19条(本サービスの終了)

    1. 当組合は、当組合の裁量により、アクアPayアカウント保有者への事前通知をすることなく、いつでも本サービスの全部又は一部を終了及び変更することができるものとします。

    2. 当組合は、前項の本サービスの終了及び変更による損害について、アクアPayアカウント保有者及び第三者に対して一切責任を負わないものとします。

  • 第20条(本規約等の変更・廃止)

    1. 当組合は、相当の事由があると判断した場合には、アクアPayアカウント保有者の事前の承諾を得ることなく、当組合の判断により、本規約又は民法第548条の4第1項第2号の規定に従い、本規約等をいつでも変更又は廃止することができるものとします。

    2. 本規約等を変更又は廃止したときは、アクアPayアカウント保有者に通知し、又は当組合のウェブサイトにおける表示により告知するものとします。

    3. アクアPayアカウント保有者が本規約等の変更に同意した場合、本規約等の変更の効力が生じた後、アクアPayアカウント保有者が本サービスを利用した場合(この場合には、変更後の本規約等に同意したものとみなします。)又は民法第548条の4第1項第2号の規定に従った本規約等の変更の効力が生じた場合、変更後の本規約等が適用されるものとします。

  • 第21条(アクアPayアカウント保有者間の紛争)

    1. 当組合が別途明示的に定めた場合を除き、当組合は、アクアPayアカウント保有者が本サービスを利用して行うアクアPayアカウント保有者同士の紛争に関し、当事者、代理人又は仲立人とならないものとします。

    2. 当組合が別途明示的に定めた場合及び当組合に責めがある場合を除き、アクアPayアカウント保有者は、アクアPayアカウント保有者間で紛争が生じた場合には、すべてアクアPayアカウント保有者の責任と負担において解決するものとします。また、当該紛争に関して当組合が対応費用等(弁護士費用を含みますがこれに限られません。)の支出を余儀なくされた場合、アクアPayアカウント保有者はその全額を当組合に支払うものとします。

  • 第22条(知的財産権)

    本サービスにおける文章、イラスト、写真、動画、プログラムその他一切のコンテンツの著作権、特許権、実用新案権、意匠権、商標権等の知的財産権その他一切の権利は当組合に帰属します。アクアPayアカウント保有者は、あらかじめ当組合の書面の承諾を得た場合を除き、これらの複製、改変、公衆送信、販売その他二次利用はできないものとします。

  • 第23条(個人情報等の取り扱い)

    1. 当組合は、個人情報保護宣言、個人データの安全管理措置に関する指針、個人情報保護規程、個人情報取扱要領等に従って個人情報等を取り扱うものとします。

    2. アクアPayアカウント保有者は、本サービスの利用前に、本サービス上で、当組合の個人情報保護宣言を必ず確認し、その内容に同意した上で本サービスを利用するものとします。

    3. アクアPayアカウント保有者は、本サービスを通じて得た個人情報等に関して、本サービスの利用の範囲内においてのみ利用することができ、それ以外の利用はできないものとします。

  • 第24条(インターネット接続環境)

    1. 本サービスの利用には、インターネットに接続する必要があり、アクアPayアカウント保有者の費用と責任において、本サービスを利用するために必要となる通信回線・機器・ソフトウェアその他一切の手段を用意するものとします。

    2. 当組合は、前項の機器等の準備、設置、操作に関し、一切保証又は関与せず、アクアPayアカウント保有者に対するサポートも行いません。また、当組合は、本サービスがあらゆる機器等に適合することを保証するものではありません。

    3. アクアPayアカウント保有者は、本サービスを利用する過程で、種々のネットワークを経由することがあることを理解し、接続しているネットワークや機器の種類等によっては、それらに接続したり、それらを通過するために、データや信号等の内容が変更されたりする可能性があることを理解した上で、本サービスを利用するものとします。

    4. アクアPayアカウント保有者がインターネット回線を通じて行う本サービスへの入力、アカウントの閉鎖その他の手続きは、当組合のサーバーに当該手続に関するデータが送信され、当組合のシステムに当該手続の内容が反映された時点をもって有効に成立するものとします。

    5. アクアPayアカウント保有者は、本サービスを利用するにあたり、アクアPayアカウントの登録に必要な場合その他当組合が必要と認める場合を除き、個人情報を登録、投稿等してはならず、本項に違反して個人情報を登録、投稿等したことに伴い発生する一切の責任はアクアPayアカウント保有者が負うものとし、当組合は一切の責任を負わないものとします。

  • 第25条(端末の盗難・紛失等)

    アクアPayアカウント保有者が本サービスの利用のために使用するスマートフォン等の端末の盗難・紛失があった場合、アクアPayアカウント保有者のアカウント情報が詐取・漏洩にあった場合、その他本サービスの不正利用の可能性が生じた場合、アクアPayアカウント保有者は直ちに当組合所定の本サービス利用停止手続を行うものとします。

  • 第26条(損害賠償)

    1. アクアPayアカウント保有者が本規約に違反した場合、故意過失を問わず、当該アクアPayアカウント保有者が、当該違反により損害を受けたアクアPayアカウント保有者及び第三者に対する損害賠償責任を含む、一切の責任を負うものとします。また、アクアPayアカウント保有者がかかる違反行為を行ったことにより、当組合が損害を被った場合には、当事者は連帯して当該損害を賠償するものとします。

    2. 当組合は、当組合による本サービスの提供の停止、終了又は変更、アクアPayアカウントの閉鎖、本サービスの利用によるデータの消失又は機器の故障、 アクアPayアカウント保有者が本サービスの利用のために使用するスマートフォン等の端末の盗難・紛失、アクアPayアカウント保有者のアカウント情報の詐取・漏洩等、その他本サービスに関連してアクアPayアカウント保有者が被った損害につき、賠償する責任を一切負わないものとします。消費者契約法の適用その他の理由により、当組合が損害賠償責任の免責を受けない場合であっても、当組合の責任は、当組合の過失(重過失を除きます。)による債務不履行又は不法行為によりアクアPayアカウント保有者に生じた損害のうち現実に発生した直接かつ通常の損害に限り、かつ、本サービスに関連して過去1年間にアクアPayアカウント保有者が当組合に支払った総額を上限とします。

  • 第27条(登録事項の変更)

    1. アクアPayアカウント保有者は、当組合所定の登録事項に変更があったときは、当組合所定の手続により、当組合に通知するものとします。

    2. 前項の登録事項に変更があったにもかかわらず、アクアPayアカウント保有者が当組合に対して通知していない場合、当組合は、登録事項に変更がないものとして取り扱うことができるものとします。

    3. アクアPayアカウント保有者が第1項の通知を行わなかったことにより生じた損害については、当組合は一切責任を負わないものとします。

  • 第28条(通知)

    1. 本サービスに関する当組合からアクアPayアカウント保有者への通知・連絡は、当組合が運営するウェブサイト又はアプリケーション内の適宜の場所への掲示その他、当組合が適当と判断する方法により行うものとします。当組合は、個々のアクアPayアカウント保有者に通知及び連絡をする必要があると判断した際、アクアPayアカウント保有者情報の電子メールアドレスへの電子メール又はアプリケーションのメッセージング機能等を用いて通知及び連絡を行うことがあります。

    2. 当組合からの通知及び連絡が不着であったり遅延したりといったことによって生じる損害について、当組合は一切の責任を負いません。

    3. アクアPayアカウント保有者が当組合に通知、連絡又は問い合わせをする必要が生じた場合、当組合ホームページのお問い合わせフォームを利用又はアプリ内のお問い合わせ先へ連絡するものとします。当組合は、係る連絡又は問い合わせがあった場合、当組合所定の方法により、アクアPayアカウント保有者の本人確認を行うことができるものとします。また、問い合わせに対する回答方法に関しては、当組合が適切と考える回答方法を利用することができるものとし、その回答方法をアクアPayアカウント保有者等が決めることはできないものとします。

  • 第29条(契約上の地位)

    1. アクアPayアカウント保有者は、当組合の書面による事前の承諾なく、本規約に基づく契約上の地位又は本契約に基づく権利若しくは義務につき、第三者に対し、譲渡、移転、担保設定、貸与その他の処分をすることはできないものとします。

    2. 当組合が本サービスに係る事業を第三者に譲渡する場合、当該事業の譲渡に伴い、アクアPayアカウント保有者の本規約に基づく契約上の地位、本規約に基づく権利・義務及びアクアPayアカウント開設に伴い登録された情報その他の情報を、当組合は当該事業の譲受人に譲渡することができるものとし、アクアPayアカウント保有者は、かかる譲渡につき、あらかじめ承諾するものとします。

  • 第30条(準拠法及び管轄裁判所)

    1. 本規約等の準拠法は日本法とします。

    2. 本規約等又は本サービスに関する紛争については、千葉地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

  • 第31条(お問い合わせ・苦情相談窓口・金融ADR措置)

    1. アクアPayに関するお問い合わせ窓口は以下の通りです。

      • 君津信用組合 地域通貨課 TEL:0438-20-1122  メール:aquacoin@kind.ocn.ne.jp

    2. 苦情相談窓口等

      • (1) きみしんお客様相談室 TEL:0438-20-1122

        (2) しんくみ相談所((一般社団法人)全国信用組合中央協会)

        • TEL:03-3567-2456

        • 当組合は、協同組合による金融事業に関する法律に基づき金融ADR措置を実施しています。アクアBankに関連する苦情処理措置及び紛争解決措置につきましては、下記の機関にお申し出下さい。

        (3)苦情処理措置

        • しんくみ相談所((一般社団法人)全国信用組合中央協会)

        • TEL:03-3567-2456

        (4) 紛争解決措置

        • 東京弁護士会紛争解決センター TEL:03-3581-0031

        • 第一東京弁護士会仲裁センター TEL:03-3595-8588

        • 第二東京弁護士会仲裁センター TEL:03-3581-2249