Linux入門 ローカル開発環境構築【Mac版】参考資料

ダウンロードURL

ターミナル作業

スライドP19 CentOS起動 -BOXの作成準備-

centos65-x86_64-20140116.boxを事前にダウンロードしてデスクトップに設置しておきます。下記コマンドで デスクトップにVagrantディレクトリを作成し、デスクトップに設置したboxファイルをVagrantディレクトリに移動しています。


mkdir Desktop/Vagrant
cd Desktop
mv centos65-x86_64-20140116.box Vagrant/
ls Vagrant

スライドP20 CentOS起動 -BOXの作成-

※ 授業中スライドに記載されたコマンドはみなさんの設定によって動かない場合があるため、下記コマンドで実行して下さい。


cd Vagrant
vagrant box add CentOS65 centos65-x86_64-20140116.box

スライドP21 CentOS起動 -Vagrantfileの作成-


vagrant init CentOS65

スライドP22 CentOS起動 -CentOS起動-


vagrant up

スライドP23 CentOS起動 -起動したCentOSへログイン-


vagrant ssh

ユーザー名、パスワードは共に「vagrant」でOK

CentOSログイン後作業

スライドP23 CentOS起動 -CentOSバージョン確認-


cat /etc/redhat-release

スライドP24 不要サービスの停止 -Firewall機能の停止 & セキュアOSの停止-


sudo service iptables status
sudo service iptables stop
sudo service iptables status
sudo chkconfig iptables off
sudo getenforce