[English]

多次元データにおける外れ値の性質を調べるための対話的なツール

多次元データ中の外れ値には、特定の変数の影響によってそのデータが外れ値となっている場合がある。 これら外れ値は、従来、検出はできてもその性質を調べることは困難であった。 それは多次元データの可視化の難しさによるものである。 本研究ではそのような外れ値の性質を、対話的にVRG(Variable Relation Graph)を作成することにより調べるツールを提案する。

論文

ビデオ

リンク