ユーザー情報連携オプション

ワークフローシステムの組織・ユーザー情報をバッチ処理でインポート/エクスポートすることができます。
以下のような用途にご利用ください。

  • 他システムで管理している人事データを利用したい
  • 組織変更や人事異動に伴う組織情報およびユーザー情報の登録・更新を自動化したい
前提条件
  • ユーザー情報連携オプションは、ワークフローシステムとHTTP/HTTPS接続します。
    ワークフローシステムにローカルエリアネットワークまたはインターネットを経由してアクセスできる環境でご利用ください。

  • Linux環境でユーザー情報連携オプションを利用する場合は、以下のライブラリがインストール済みである必要があります。

    GTK+ 2.2以降またはGTK+ 3
    
モジュール構成
ユーザー情報連携オプション
    └cwfopt_um
      ├bin (ライブラリディレクトリ)
      ├conf (設定ファイル格納ディレクトリ)
      ├jre (Java実行環境ディレクトリ)
      ├lib (Javaライブラリディレクトリ)
      ├logs (ログ出力ディレクトリ)
      ├cwfum_settings.bat (Windows環境用 メイン画面起動バッチ)
      ├cwfum_start.bat (Windows環境用 タスク実行バッチ)
      ├env.bat (Windows環境用 環境情報バッチ)
      ├cwfum_settings.sh (Linux環境用 メイン画面起動バッチ)
      ├cwfum_start.sh (Linux環境用 タスク実行バッチ)
      └env.sh (Linux環境用 環境情報バッチ)
動作環境

ユーザー情報連携オプションは以下の環境で動作します。

プラットフォーム OS
Windows Windows Server 2008 R2
Windows Server 2012
Windows Server 2012 R2
Windows Server 2016
Windows Server 2019
Windows10
Linux Red Hat Enterprise Linux 6
Red Hat Enterprise Linux 7
Red Hat Enterprise Linux 8
Amazon Linux
Amazon Linux 2

注意

本オプションは64ビット版OSのみ対応しています。

本オプションの詳細については、以下を参照してください。